2019 F1GP 初戦でレッドブル・ホンダ3位入賞

f:id:plastic-soul:20190319232223j:plain

2019F1グランプリ レッドブル・ホンダ3位入賞 

復帰後マクラーレンにさんざんこき下ろされ、トロロッソでぬるま湯に浸かっていたホンダも、シャシー性能抜群の現一流チーム、レッドブルにエンジンを供給するとなればもう言い訳は許されない。
開幕でとりあえず3位となってホッとした。もちろん、レッドブルなら優勝してもおかしくないチーム。表彰台の真ん中でないといけない。レッドブルシャシー性能、フェルスタッペンという若いドライバーの才能によって今回の結果があると思うけど、確かにマクラーレン時代の酷いエンジンとは見違えて信頼性と力強さを兼ね備えているようだ。
でもやはりはっきりメルセデスとの歴然とした差が判明した。前評判が高かったフェラーリを抜き去り抑えた結果とはいえ、サーキットの相性など、フェラーリ本来の実力が出なかっただけだと考えると、まだまだ3強の中では2~3位争いのような感じがする。

開幕前の合同テスト走行から、ホンダを褒めちぎっている(褒め殺している)レッドブルだが、この先ホンダのパワー不足、信頼性にゆらぎが出た途端、彼らは手のひらを返したようにホンダを批判するだろう。マクラーレン以上に、F1チームで最も他社を容赦なく文句を浴びせ悪口を公然と放つレッドブル。そして若いドライバーながらフェルスタッペンも去年のルノーへの容赦ない攻撃をしたことを考えると、いずれホンダも不甲斐ない結果ならすぐその矛先が向かうだろう。

始まったばかり。これから迫ってくる荒波を乗り越え、なんとか成功するようホンダを応援したい。

可変圧縮とガソリン圧縮着火エンジン

f:id:plastic-soul:20181224190200j:plain

日産VCエンジン

今年もカーオブザイヤーが出揃い、2年連続でボルボSUVが輝いた。とにかく、昨今猫も杓子もSUVのようで、このシェイプの車は昔からあって決して新しいデザインの車じゃないのに、どうしてこんなに流行るのかよく分からない。

個人的にはやはりスズキのジムニー。あと国内では来年デビューの新型カローラ。ついに3ナンバーと大きくなってしまうのは残念だけど、デザインがなかなか良い。そしてダイハツのミラ・トコット。可愛いさとシンプルさのバランスが良くて気になる。

そして、一番興味が惹かれたのは2つのエンジン。日産の可変圧縮エンジンとマツダの圧縮着火ガソリンエンジン。前者はコンロッドとクランクシャフトに機械的な細工を施し、自在に圧縮比を変化させる。理屈で分かっていても、それを機械的に実現するのは夢の技術と言われるくらい困難なことで、実現させた日産はさすがかつて技術の日産と言われただけある。

f:id:plastic-soul:20181224191230j:plain

マツダスカイアクティブXエンジン

後者はガソリンエンジンながら、ディーゼルエンジンのように空気を圧縮して自己着火させる、これも夢のエンジン。ディーゼルエンジンのように高い圧縮比で熱効率が高く燃費が良く、ガソリンだからススも出ない。良い事ずくめだけど、まだ現状は高負荷時にはスパークプラグで着火させるとのことで、夢の技術としては道半ばで頂上には達していない模様。でも昨今の内燃機関を突き詰めているマツダの技術はすごいと改めて思い知らされた。今度の新型アクセラに搭載されるとのことだけど、ハイブリットと併用させれるとのことで、むしろ個人的にはこの技術のエンジン単体で乗りたいもんだ。

ほんとうはこのあたりはホンダとかにも頑張って欲しいけど、ハイブリッドに力を入れているので、かつてCVCCやVTECを生み出したような、こういう技術が出てこないのはなんとも寂しい。

デリカD:5のマイナーチェンジ

f:id:plastic-soul:20181222204030j:plain

デリカ

デリカのマイナーチェンジには心底びっくりした。事前の噂では最近の三菱のアイデンティティー”ダイナミックシールド”的な、アウトランダーのミニバン版をイメージしてたので、意表を突かれた。デリカの存在は今では数少ないアンチ・アルヴェルの受け皿だと思っていただけに、まさかのオラオラ系「デリカ、お前もか!?」
いや、このデザインはオラオラ系とは似て非なるものなのかもしれない。もうさっぱり分からなくなってきた。

f:id:plastic-soul:20181222204743j:plain

アルファード



そんなオラオラ系の大先輩で絶対君主、アルファード様の現行モデルはジャギに似ていると思うのは俺だけだろうか…。

f:id:plastic-soul:20181222204804j:plain

 

エリック・クラプトン「12小節の人生」

f:id:plastic-soul:20181218193837j:plain

エリック・クラプトン 12小節の人生

ほぼ全国の映画館で大ヒットロングラン中のクイーン、フレディ・マーキュリーの伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」とは対象的に、都市圏の一部の映画館でひっそりと上映が始まったエリック・クラプトンの伝記映画「12小節の人生」を見てきた。

前者のはクイーンをあまり知らない人でも楽しめる、そっくりな俳優がクイーンを演じ、大ヒット曲のオンパレードで、太く短く生きたフレディ・マーキュリーを華々しく描く。

それに対し、後者のクラプトンはドキュメンタリー形式で、彼の深く長い苦悩をそのまま痛々しく重々しく伝える映画。個人的にクラプトンのアルバムはほぼ持っていて、音楽も彼の音楽人生は書籍などで追ってきたので、この映画の内容はほとんど既知の内容を映像として見ただけのことだったけど、やはり改めて彼のギター、歌詞が心に深く染みた。

はっきり言って、自身の過去の恥部、苦悩をこれほどさらけ出すのはかなり苦しく大変なことだったろうと思うけど、例えばドラックやアルコール中毒など、彼が私費を投じて更生施設を建設して運営しているだけあり、自身の過去を晒すことで、同じように苦しんでいる人達のためのものでもあり、彼が今こうやって妻や子供というかけがえのない家族に恵まれ、幸せな余生を送っている事実が彼をそうさせているのかもしれない。
若い頃の孤独、絶望、拒絶…、その原動力によってギターを弾き、彼を世界的なスターに押し上げたけど、映画のラストで幸せそうな、普通の爺になっているクラプトンを見ると、やはり一人の人間として、家族の愛に恵まれていることがいかに大切であるか、酒やドラックに侵されない当たり前の生活がいかに素晴らしいことか。反面教師というにはちょっと単純すぎるけど、この映画を通じて一人の人間の壮絶な人生を見させられ、考えさせられる。

彼の苦悩、愛、酒、ドラック…、皮肉にもそれらによって生み出されたクラプトンのかずかずの名曲、名演は形は違えどクイーンと同様に永遠だな。

日産 ゴーンさん逮捕に思うこと

f:id:plastic-soul:20181129171651j:plain

画像は往年のS13シルビアだけど、R32スカイラインでも、初代プリメーラでも何でもいい。とにかくこの頃の日産は名車揃いだった。神かかっていた。それが、バブルの末期になってそれまでの日産が嘘のようにかっこ悪いクルマを乱発して倒産、ルノーに救われたというべきか、乗っ取られたというべきか、その辺の詳しい事は分からないが、ゴーンさんが出てきて、それからの経緯はご存知の通りである。
今回の逮捕劇、かなり衝撃的なニュースで賑わっているが、現時点で気になるのが、ほとんど一方的な日産の主張や検察からの情報で、被疑者のゴーンさんの主張が聞かれない。ゴーンさんの違法行為とか強欲とかの情報がメディアから一方的に溢れ出ている。こういうことになると、やはり思ったとおり、日本の異常な司法制度が世界中にさらされる。最初フランスでもゴーンさんの逮捕はショックを伴って受け止められたが、最近では日本の異常な司法制度に懸念を示すニュースがでているそうだ。そりゃそうだ。まだ有罪と裁判所で決まったわけでないのに、自由の効かない場所にぶち込まれ、ほとんど罪人の扱いで、罰を受けているも同然だ。推定無罪の原則がこの国にはない。

まるで中国のようだと海外から揶揄されているが、全くその通り、北朝鮮のことも笑うこともできない。

ネット民の意見は、フランスや他国からの日本批判に対して、他国のことにつべこべ言うな!的な乱暴なコメントが多い。感情的と言うか、この国で起こった事件だから、この国の制度で裁かれるのが当然だと。それはそうだけど、まるで言っていることが中国みたいじゃないか。

フランスはなんだかんだ言っても、はるか昔に民が自分の国の支配者をギロチンにかけて首をはねて、自らの自由を獲得した国。年期も実績もなにもかも日本より大先輩なのだ。

ゴーンさんが違法か、そうでないかはもちろん自分では分からないし、どちらでもいい。日産の陰謀だとかクーデターとか、そんなことはどうでもいい。

俺はゴーンさんは好きではない。無慈悲なリストラで従業員も下請けの多くの会社が犠牲になった。今の日産の体力が回復したのも彼の手腕のおかげなのは言うまでもないけど、日産のクルマがつまらなくなったのはクルマ好きとしてはとても複雑な気分だ。

でも、人権というどんな身分の人でも平等にあるべき最低限の権利が侵されるこの日本という国の異常さは、僕のような法学部を出ていない人間でも分かる。一度起訴されたら有罪判決率9割という異常さ。特に、今回ゴーンさんという世界的な経営リーダーが逮捕されたことで、ことさらこの国の司法の異常さ、恐ろしさが世界にさらされ、恥をかく。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」

f:id:plastic-soul:20181113192412j:plain

ブライアン・メイがバッキンガム宮殿の屋上から「God Save the Queen」をレッド・スペシャルとコインで奏で、華々しくクイーン・エリザベスの戴冠50週年を祝ったシーンを思い出した。フレディはもう亡くなっていたが、個人的に一度だけ見たクイーンのコンサート、ロンドンのハイドパーク。ステージいっぱいになるほどの大勢のウエスト・エンドのミュージカル俳優達がクイーンのバンドと共演し、フレディ・マーキュリーそっくりで歌唱力もかなりの俳優が在りし日のクイーンを再現した。この映画のライブ・エイドで描かれたように、その時もポール・マッカートニーエルトン・ジョンロッド・スチュワートなど、実績ではクイーン以上の大物が揃う中、もっとも会場を興奮の渦にしたのがクイーンだった。
大物ミュージシャンやバンドの伝記映画は、どうしても監督の思い入れが強すぎるせいか、インタビュー中心やドキュメンタリー的に小難しい内容になってしまって地味になりがちなのだけど、今回のボヘミアン・ラプソディはクイーンの楽曲の良さと、主役フレディ・マーキュリーのパワーがそのまんま素直に出ていて、ベスト盤を聴いているようでエンターテイメント要素が高く、クイーンをあまり知らない人でも充分楽しめると思う。
クイーンは日本で初めて一般の女性に広く海外のロックを認知させ、クイーン自体も日本びいきのバンドでもあったし、この映画はこれからますます国内でヒットしそうな予感。

まぁ、個人的にはブライアン・メイが好きなので、実物よりちょっと軟派な感じのメイが逆に好感持てた。主役のフレディ・マーキュリー役が痩せて小柄だったので、マッチョなイメージのある本人と一番違和感あったかな(笑)あんな出っ歯だったっけw

ポール・マッカートニー 東京公演1日目 フレッシュンアップツアー

f:id:plastic-soul:20181101184154j:plain

ポールの2018フレッシュンアップジャパンツアー、東京ドーム一日目に行ってきた。昨年に続く来日公演。これほど頻繁に来日してくれると、さすがに最近は”最後の来日公演!”みたいな謳い文句は見られなくなった。

個人的には昨年のOne On Oneツアーは行ってないので、Out Thereツアー以来のポールのコンサートになる。

さすがに白髪が増え、声の衰えはたしかに感じるが、76歳にもなるのに相変わらず水を飲まず3時間ぶっ通しのパフォーマンスは圧巻だ。内容は昔からそれほど変わっていない。あの007のテーマでステージが爆発したり、ヘイ・ジュードで合唱したり、お決まりのシーンは多々ある。皆勤しているコアなファンにとってはもういいだろ!とマンネリを感じるがだろうが、毎回ドームの規模のキャパを埋めて老若男女に楽しんでもらうためには、往年のヒット曲のお決まりのパフォーマンスで構成しなきゃいけないのは仕方ないことかと。

今回は個人的にトランペットなど管楽器隊がフューチャーされていて、Letting Go(ワインカラーの少女)など楽曲に厚みが出て素晴らしかった。

最後に「また会いましょう」と言ってたのは、またこの先も来日公演があるということか。「90歳になってもステージに立っているよ」とポールは言うが、今現在は少なくとも気力は衰えていないようだ。