The Strokes 新作「Angles」

Angles

延期になっていた待望のニューアルバム、ストロークスの4作目となる「Angles」がリリースされ、聴いている。

早くからラジオで流れていた「Under Cover of Darkness」には久しぶりに完全にはまってしまって、”ストロークス最高!”と言いたくなるくらい、彼ららしいギターサウンドにさすがだと思ってしまった。少なくとも、3rdアルバムの「JuiceBox」より数段良いと思う。個人的に前作の「First Impressions of Earth」は右肩下がりにつまらなくなってしまったので、今回はかなり期待していた。

が、うーん、どうだろう。数回聴いた今のところ、アルバムとしてはちょっと微妙。「Under Cover…」が突出しているようで、その他の曲は何度も聴いてみて、それから判断が別れるところだ。けっこう好き嫌いが分かれそうなアルバム。また、聴く人が最初から4作目に何を期待していたかによってもかなり違ってくると思うし。

もちろん、1stや2ndとは趣はかなり違う(曲単位で見ると似た曲も無い事は無けれど)。そういう意味では3rdと雰囲気が少し似ていると言えなくもないかな。

とにかく、「Under Cover fo Darkness」はすごくかっこいい!

広告を非表示にする