WILLCOM 9 は良い!

Jxnajfdm 今日のウィルコムの新製品発表でnineの後継機種Willcom9が発表された。少し噂は出ていたが、待望の折りたたみ型SIM機の登場だ。さらに待望のカメラ付きで、今までW-ZERO3シリーズのスマートフォンのようなハイエンド機と、nicoやnineのようなローエンド機のラインナップで、中間機種がなかっただけに、今回の新しい9でやっとまともなSIM機が登場したと言える。
nineのシンプルでスクエアなデザインを踏襲したカメラ付き折りたたみ機種はまさに正常進化。ここ最近のウィルコムの新機種の中ではある意味一番素直にうれしいモデルチェンジじゃないかと思う。
また、新しい機能のウィルコム・ガジェットはすごく気になる。アドエスで重宝しているw-info的な使い方や、簡単にGmailgoogleのサービスにアクセスできるようで、魅力的なソフトだ。
サイズも小型軽量でnineの長所をそのまま受け継いでいる。厚みは2cm近くあるが、むしろ持ちやすいのではないかと個人的には歓迎だ。最近の携帯はやたら薄くて、且つ幅が広くて逆に手に収めた時にしっくりこない。開けにくくて、落としそうなのだ。ある程度厚みのある方がよい。今回のWillcom9は幅が狭くて、厚みがそこそこあるので、逆にかなり手にしっくり持ちやすいのではないかと思う。ただ、やはり角張った筐体がnine同様痛そうな感じはするが…。
とにかく、魅力的なデザインのnineが機能的にもより魅力を増して、ますます気になるSIM機になった。嫁さんに持たせている東芝WX320Tをこれに機種変するか、自分のアドエスのサブ機にするか、とても魅力的なケータイだ。
広告を非表示にする