Nikon COOLPIX P50

M72d83jv 先日カメラ屋にデジカメ画像の現像に行った時に、売り場に陳列していたデジカメに一目惚れしてしまった。ニコンCOOLPIXのP50という800万画素モデル。一目惚れしたのは精悍なブラックカラーにしっかりグリップがついた機能美あふれるデザインと、2万前後の安い実売価格だ。そして、単三電池が使えるのが普段あまりデジカメを使わない僕にはすごく良い点だ。そんなデジカメをあまり使わないし、カメラに疎いくせに、さらに今持っているカシオのエクシリムもまだ買って1年少しなのにも関わらず、このP50に買い換えた。¥19000でネットで購入。ネットでの評判はすごく良いらしく、この値段で800万画素の画質は一眼レフに近いくらいきれいで、また広角レンズがすごく好評なのだそうだ。カメラ素人の僕にはあまり800万画素は意味はないけれど、ゴム付きのグリップはすごく握りやすくて、単三電池仕様はどこに行っても電池切れの心配がないのが実用的で何より。薄くて持ちにくいシルバーのエクシリムはいつでも使っていると、するりと手から落ちそうなのと、電池切れの心配があったけど、このP50ならどこでもガンガン使えそうだ。今までデジカメを買いながら出かけてもケータイのカメラですましていて、宝の持ち腐れだったけれど、これからはこのニコンをどこへでも持ち出してやろうと思っている。
広告を非表示にする