信州湯巡り 別所温泉

0tvaywt2 このゴールデンウィークも愛車キャラバン号で酒と温泉の車中泊にでかけることにした。今回は信州の湯巡り。前日にいつも利用する国道19号線沿いにある南木曾の公園で、木曽の地酒をひっかけ、明日の上田市に向けて体を休める。目指すは信州最古の湯と言われる別所温泉
清少納言枕草子で三名泉とたたえられる”ななくりの湯”は一般的には三重県榊原温泉と言われているが、長野の別所温泉だという説もあるくらいだ。
今回利用したのは別所温泉の3つある外湯のひとつ、大師湯。小さい公衆浴場だが、やたらと荘厳な歴史を感じさせる外観だ。せいぜい4〜5人が入ればいっぱいになる小さな内湯に良質な単純硫黄泉が掛け流しされている。小さいながらとても贅沢なお湯だ。午前中ながら地元のおじいさんと数人の観光客で小さな浴室はいっぱい。
地元の公衆温泉だけあり、入浴料は\150ととても安い。他に石湯、大湯とあるが、時間があれば湯巡りをしてみるのも良いと思う。
ちょっとお高めの老舗旅館も立ち並び、おみやげ店など昔ながらの温泉情緒あふれ、じっくり一泊して湯を楽しむも良し。また周辺には国宝の八角三重塔を有する安楽寺など、信州の鎌倉と称される上田別所温泉には見所がたくさんあるので、日帰りで外湯巡りと寺院巡りするも良し、噂に聞いていた通り、別所温泉は旅人にとってとてもすばらしい温泉地だった。
広告を非表示にする