さらばフランク・ドレビン警部

Thenakedgun

コメディ映画「裸の銃」シリーズの俳優レスリー・ニールセンが亡くなった。一般的にレスリー・ニールセンより”フランク・ドレビン警部”の方が有名だろう。とぼけた憎めないドレビン警部が起こす騒動がなんとも痛快で、いかにもアメリカ的なパロディ、お馬鹿で下品なコメディは私は大好きだった。元々はあまり売れない普通の2枚目俳優だったレスリー・ニールセン。あのきれいな白髪になった初老でのコメディ映画「裸の銃を持つ男」がヒット。遅咲きのコメディ映画俳優として世間の人気者になった。出ていた映画は裸の銃を持つ男以外も、同じようなパロディやお下劣なコメディ映画が多かったが、どんなものでも人を笑わせることができるのは、よほどスマートで紳士な人だったのだろうと容易に想像できる。

また一人、私の大好きな人が逝ってしまった。ありがとう、ドレビン警部。

広告を非表示にする