読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Led zeppelin 「Celebration Day」

Celebrationday

遅まきながらレッド・ツェッペリンの2007年リユニオン・ライブ「Celebration Day」を手に入れた。なにせ、某アマゾンですこぶる評判がよかったから。この手の再結成ライブにはちょっと慎重になりがちというか、例えばクリームの再結成ライブのように、ひどくがっかりすることがある。でも、でも、やはりツェッペリンは当時と同じく再結成も別格のようだ。まずボンゾの息子。若いのでパワフルなのは当たり前。ドラミングやサウンドについてはドラムに詳しい方にまかせるとして、まずはボンゾのDNAを受け継いだ彼の存在無くしては始まらなかったはず。職人ジョン・ポール・ジョーンズはメンバーの中で一番健在のようだ。見た目も、演奏も、さすがだ。まるで変わっていない。ボーカル、ロバート・プラントはさすがに年齢の衰えは仕方ないけど、ファンからは充分合格点を与えられるようだ。そして、一番心配された?親方ジミー・ペイジ。このコンサートの肝はやはりこの人だ。白髪の3大ギタリストのひとり、ペイジはまるでかつて最も輝いていた頃のような、今はいぶし銀を加えて、またしてもファンを熱狂させた。
思えば、あの頃、ジミ・ヘンドリックスという怪物があらゆる凄腕ギタリストを萎縮させていたが、ペイジ率いるレッド・ツェッペリンだけは別格だった。まったく関係も影響なく、強大すぎるパワーで世界を震撼し続けていた。クラプトンやジェフ・ベックのバンドと比べて、ジミー・ペイジレッド・ツェッペリンは今も昔もやはり別格だ。なにせ、ビートルズのあと、何があったかと言うと、やはりまずツェッペリンなんだから。
広告を非表示にする