日本人が選ぶビートルズのベストアルバム Abbey Road

Xbvulm7a 今日はGeorge Harrisonのアルバム「Gone Troppo」を聴きながら書き込み♪
ビートルズの日本の公式サイトにておこなわれていた好きなビートルズのアルバムを選ぶ投票が締め切られ結果が出たそうだ。
1位は「Abbey Road」だそうだ。その他上位を占めたのが「Rubber soul」、「Revolver」、「The Beatles(White Album)」と、どれも中期〜後期にかけてのアルバムというのが特徴だ。
はっきり言って、僕も全く同感だ。なんて言うか、ビートルズファンならどうしてもこうなるんじゃないかという結果だと思う。それぞれどれもたいした差が無い、あえて1位とするなら「Abbey Road」というだけで、本来なら特定のアルバムを選ぶなんてのはとても心苦しいのがファンの本音だと思う。
Abbey Road」がなぜ1位なのかは、やはりビートルズの最後を飾るアルバムであり、またメンバー間の不仲にもかかわらず恐ろしいまでの楽曲の緊張感と完成度が突出しているからだと思う。前半にメンバーそれぞれの代表する名曲が並び、後半にかけてはロック、ポップ史上最高とも言える壮大で美しいメロディーのメドレーはすざましい。
この投票では、投票した年代が15〜19歳の若者が多かったという。ちょっとびっくりした。こんな若いビートルズファンがこんなに多いとは、うれしいし、知らなかった。
ちなみに、僕の部屋には常に「Abbey Road」のジャケットポスターを貼ってある。引越しする以前の家の部屋でも、学生時代の下宿先でも、引越しした新居の部屋にも、もう10年以上になる。さすがにポスターは色あせている。Abbey Roadの並木の緑も空の青さも色あせてしまった。でも、音楽は40年近く経った今でも色あせていない。
広告を非表示にする