読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows Phone IS12T

Is12t

最近女性や年配の人でも、電車に乗っていてもどこでもiPhoneやアンドロイドなどスマートフォンの画面をにらめっこしてタッチしているシーンが見られるようになった。未だにずーとスマホをスルーしている。まだiPhoneやアンドロイドが出る以前に、それなりにウィルコムW-ZERO3のWindowsMobileでスマートフォンをやってきた僕には、ちょっと上から目線で「そんな端末が本当に必要なのかぁ?」と半ば軽蔑のまなざし、しかしデジモノ好きな僕にはちょっぴりうらやましく気になっていたりして、複雑な毎日を送っている。

マックなどアップルの製品は使わない主義で、またiPhoneもどき?と勝手に思っているアンドロイドも微妙なので、実際に食指が動かなかったのは事実。しかし先日auが発表して、まもなく発売される新しいWindowsPhoneが搭載されたIS12Tはかなり気になる存在。なんだかんだスマホの草分けはWindowsだったりするし、その先駆者が徹底的にライバルを研究して、気合いを入れた新しいOSは、iPhoneやアンドロイドを使いこなしている強者モバイラーはもちろん、僕のようなスマホをちょっと冷たく横目で見ている者にもかなり注目するに違いない。

実際にレビューではけっこう良くできて動作も速いそうで、評判は上々。個人的にワンセグは無いのが残念だけど、防水なのとFMラジオ付きは良い。またそこそこコンパクトなのも良い(もっと小さかったらよいのに)。これでBluetoothかUSBケーブルで外付けキーボードが使えたらマジで機種変を考えそう。

未だに折りたたみじゃないからロックし忘れて誤作動はどうなの?とか、ハードキー主義でタッチパネルでの文字入力なんて…など、スマホ以前の古い頭を何とかしなければいけないのだけど、これ以上市場がスマホだらけになり、魅力的なガラケーことフューチャーフォンが無くなってくれば、そうは言ってられない。IS12Tについてはとりあえずキャリアメール(ezweb)がしばらく使えないそうなので、それが使えるようになる(ソフトダウンロード)10月までは先輩方のお声を参考に、のんびり考えてみたい。

広告を非表示にする