新型ボンゴ マツダ・ビアンテ

1thplnia ”ボンゴ”という名が好きだ。タウンエースも好きだ。バネットも好きだ。デリカも好きだ・・・。タウンエースはノアやボクシーに、バネットはセレナに、デリカは残るが、多くのワンボックス車の名前がミニバンにモデルチェンジする課程で変わってしまったり、バンにその名を残すのみとなった。今回、待望のマツダの新型ボンゴが一部発表された。最近のマツダの斬新でシャープなデザインを踏襲しながら、それは驚くほど大胆だ。マツダのデザインはヨーロッパ車にも対抗できる現在日本一のデザインだと個人的に思っているが、この比較的保守的で平凡なデザインが求められるミニバン市場でこのような大胆で斬新なデザインを採用してくるとは考えていなかった。あのどちらかというと質実剛健なボンゴのデザインとはがらりと変わって、斬新となった。残念であるが、ボンゴの名前が新しくビアンテと変わってしまうのはこのデザインの変わり様を見れば仕方ない、納得できる。
日産のセレナがよく売れているのは、あのいかにも広そうで機能美あふれる平凡なデザインが受けているのだと考えている。トヨタのノアやボクシーもしかり。今までこの5ナンバーミニバン市場で王者だったホンダのステップワゴンは現行型の3台目で低床低重心という優れた車でありながら、初めてデザインでちょっと冒険してしまったが故にミニバン市場で3位に甘んじてしまった。このように、もともと車のデザインに疎い日本の消費者に、さらに無難なデザインを求められるミニバン市場でこのマツダビアンテはひときわ飛び抜けている。好き嫌いはあるだろうが、少なくとも私は悪くないと思う。
もちろん、ブランド力で劣るマツダトヨタや日産相手に同じような無難な車を作っていても勝ち目もなく意味がない。このように個性的なデザインで勝負するのはある意味必然だけど、なかなか難しいことだ。だが、さすがマツダはデザイン力に優れていると改めて思わされる。
以前もこちらのブログでさんざん新型デミオを褒めまくったが、見事ワールドカーオプザイヤーを獲得という快挙を成し遂げた。今や親方のフォードを支えると言っても良いマツダの存在は、そのデザイン力に因るところがあると思う。
今度の新しいビアンテこと新型ボンゴは楽しみだ。
また、個人的には商用車の新型ボンゴバンを今年最大の楽しみな車で待ち望んでいる。ハイエースバンを見れば分かるとおり、スタイリッシュなバンを作れば、結構売れるというのが分かる。もともと確実な数を確保できる商用車市場。パーソナルユースにも使いたくなるデザインと機能をちょっと持たせれば、下手なワゴンよりはるかに商売できると思うし、今度のボンゴバンのフルモデルチェンジに期待したい。絶対にディーゼルエンジンとマニュアルミッションの設定を願う。
広告を非表示にする