ホワイトアルバム

Mdrtqqen 新年明けましておめでとうございます
僕の住んでいる地域では大晦日と元日は雪降りで、一面の銀世界となった。
さて、今年最初の音楽鑑賞はビートルズホワイトアルバムとなった。特に意識したわけではない。外が雪で銀世界だからというわけでもない。
ホワイトアルバムは定期的に聴きたくなるアルバムのひとつだ。
ビートルズのアルバムの中でも異色の存在で、メンバーの仲がギクシャクしていた過渡期の作品だ。メンバー個々のソロ作品を集めた2枚組みアルバムと言ってもよい。なので、まとまりには欠けるが、ビートルズのアルバムの中で一番各メンバーの個性が際立ったアルバムで、ビートルズのアルバムで一番のお気に入りに挙げるファンも多い。僕も大好きだ。
思えば2004年はビートルズのアルバムを聴く機会が例年になく少なかったと思う。ジョン・レノン関連の作品がリリースされたくらいだった。特に目立ったものはなかった。今年2005年はどうだろう。ポールの新作は間違いなく今年リリースされるはずだ。ジョージ関連の作品もひょっとしたらあるかもしれない。そして、そろそろビートルズの重要な映像作品がリリースされるかも・・・。
2004年は何と言ってもTHE WHOの初来日公演が全てだった。あんなコンサートは2度とお目にかかれないだろう。そして、新人バンドの良い作品にもいろいろと出会えた。
今年の洋楽ロックシーンははたしてどうなるのか。ビートルズを含めて楽しみだ♪

広告を非表示にする