”深みの逸品”だって

Fukaminoippin

”深みの逸品”だって…。琥珀エビスと間違えて買いそうな缶デザイン。ネーミングもサントリーの一連の”~の贅沢”シリーズとよく似ていて、特に”琥珀の贅沢”とそっくり。でも今回のはれっきとしたビール。たしかに味のバランスがまだまだ雑な第3のビールと違って、しっかりしたバランスの良い味と芳醇さはビールならではでおいしい。

ただこのデザインと限定醸造なアピールにしては厳しいかな。プレミアムモルツほどでもないし、限定醸造というほどありがたみもなかったりして。最近その手の元祖といえる琥珀エビスもちょっと飽きてきつつある中、メーカーには難しい状況なのかも。

とにかく、スーパードライプレミアムモルツには成れなさそう。確かにおいしいんだけど。

広告を非表示にする