「カンティヨン グース」 ベルギービール

Cantillon

前々から気になっていた有名なベルギービール、カンティヨン・グースをネットで仕入れた。ここ数年ウイスキーと平行して洋物のビールに凝っていていろいろ試して楽しんでいるのだが、このカンティヨンは以前BSの番組でその醸造所を特集していて、とても興味があったのだ。

ベルギービールJapan」というネットショップより購入。とても便利な時代になったもんだ。ビールにしてはやや大きめのボトル。ワインよりやや小さめのボトルなのだが、見た目はビールと言うよりワインのボトルだ。グラスに注いでみると見た目はビールなのだが、香りがなんだか酸っぱい、なんだか白ワインのようだ。半ば恐る恐る口に運んで喉に注ぎ込むと…、あれ、まるでワインのような酸味がある。ビールと言うより、スパークリングワインのようだ。はっきり言って、これまでに飲んだことのない初めてのビール、かなり個性的なビールだ。

このカンティヨン・グース。ベルギーの特定の地域のみで、自然発酵させて作られるとても珍しいビールだそうだ。

カンティヨンのビールにはその他にも木苺を漬け込んだ”フランボワーズ”、さくらんぼを漬け込んだ”クリーク”など、個性的なものがある。ちょと好き嫌いが分かれそうだが、フルーツを漬け込んだビールは女性にも受けそうだ。

大変奥が深いビルギービール。まだまだ飲んでみたい個性的なビールにあふれていて、きりがないくらいだが、今回のカンティヨンはかなり強烈な?味で、印象深かった。しかし、日々の愛飲するビールにするには…、私にはちょっと無理そうだ(^^ゞ

広告を非表示にする