日産ティーダ ヘッドライトバルブ交換 フィリップス「ホワイトビジョン クロムホワイト」

03chromiumwhite
Philips

納車当日にヘッドライトのハロゲンバルブを交換した。購入時にはHIDことキセノンライトにオプション装着を考えたが、6万円はまだ高く(3万円くらいが妥当だと私は考えている)、通常のハロゲンバルブでいくことにした。
市販のホワイト光のバルブにするのだが、基本的にホワイト光はバルブにブルーのコーティングがしてあり、これがライトのリフレクターに映り、なんとも安っぽくなる。私のダークブルー色のティーダにはブルーの映り込みは色的にはおかしくないが、やはりあまりブルーに染まるのは良くない。なので、できるだけ映り込みは避けたい。今回購入したのはフィリップスのホワイトビジョン・クロムホワイト。色温度4200ケルビンと控えめで、青くないちょうど良い白さが明るく実用的だ。そして、何よりリフレクターの映り込みを極力抑えたバルブのミラーコーティングが特徴だ。実際に水色がかったバルブ本体だが、ミラーコーティングされ、画像のように映り込みが少ない。見る角度によりある程度映り込んでいるが、薄い水色程度で目立たない。
肝心の明るさも充分。もちろんHIDの絶対的な明るさにはかなわないが、ちょうど良い白さと明るさで、実用上全く問題ない。オークションで2000円後半でお買い得で購入した。あとはどのくらいの耐久性があるかどうかだ。いずれにしろ、良い買い物ができた。

広告を非表示にする