余韻の贅沢 サントリー

Yoinnozeitaku

昨年から発売された”京都醸造所謹製”とある限定ビール(第3のビール)、「琥珀の贅沢」に続く新しい「余韻の贅沢」が発売されたので、ゲットして飲んでみた。「琥珀の贅沢」は「琥珀エビス」などと同様、文字通り琥珀色なのに対して、「余韻の贅沢」はかなり濃い焦げ茶色のビール。ある意味どうしても風味に”独特な軽さ”が出がちな第3のビールで、サントリーが努力して見た目の色に合った苦みや濃さを出そうとしているのが感じされる。しかし、やはり現状ビールの様な芳醇さと苦みを両立することは無理なようだ。それは当たり前のことで、それができていれてばビールはとっくにこの世から無くなっている。

しかし、この値段でこの味なら充分だし、今ではビールや発泡酒よりはるかに市場規模が大きく勝り、常に新製品がリリースされる第3のビール市場は一番注目で楽しみで、新しい分野だから、各メーカーの挑戦が味にモロに出ている。

広告を非表示にする