祝 欧州シビックが日本で来春発売

Civic

以前こちらのブログでかなり怒りを込めて書き込んでいたので、このニュースを触れずにはいられない。

現行シビックは日本、北米、欧州とそれぞれデザインが異なったモデルが販売されている。そして、見事に一番格好悪いセダンタイプのシビックが日本では販売され、ほとんど売れていない。美しいクーペモデルのアメリカ、斬新で未来的な欧州シビック。特に後者の欧州版はその斬新なハッチバックデザインでどうして日本で発売してくれないのかとても残念に思っていた。そして、やっと来春その欧州シビックがタイプRとして日本でも発売されることになった。もちろん、私以外にもかなりの人たちがホンダに直訴するなど、国内販売を求める声があったのだろう。

ただ、タイプRというギンギンのスポーツモデルのみなのが残念だ。150万円くらいのカジュアルでライトなスポーティカーがシビックの良いところなのだが、それはとっくに過去のものに。サイズは3ナンバーになり、以前のシビックは現行のフィットがその役をになっているので、もはや国内に普通のシビックのいる場所はない。

フィットももちろん良い車なのだが、いわゆるテンロク、5MTのホットハッチ、昔のSIRモデルのような、安くてスポーティーなシビックが復活してくれたら最高なのだが。

いずれにしろ、世界不況で車が売れず、ホンダはF1撤退など今年後半は自動車業界はまさに悲惨な状況だ。スバルもついにWRC活動を終了した。あのトヨタが赤字なんて信じられない。クルマ好きにとってはますます寂しい世の中になってきた。

でも、この欧州版シビックのデザインはそんな暗い中にきらりと光るクルマ好きには心躍るような魅力がある。

広告を非表示にする