ジュークにMTを

Do_juke100609_01

今年の日産の新車リリースラッシュを華々しく飾る今回のジューク。めちゃくちゃかっこいいと思う。ツインインジェクションという最新技術を追加されたHR15DEエンジン。こちらもジャトコとの共同開発された最新の副変速機付きCVT。同じエンジンとCVT、そして価格帯も近いティーダより重量は重いが、燃費の遜色は無いのはこの新しいパワートレインによるものだろう。HR15DEエンジンはもともととてもトルクフルなので、ジュークの車体でも問題ないだろう。また、1600ccのターボエンジンも追加されるとのことで、これも楽しみだ。

個人的にはこのクルマにはMTで乗りたい。ヨーロッパで大ヒットしているキャシュカイことデュアリスはもちろん現地ではMT仕様が多いが、あのコンパクトなボディを優れた足回りでキビキビMTで走らせたらとても楽しいだろう。そのデュアリスよりさらに小さなジュークならもっと楽しいと思う。また、ムラーノデュアリス、そして末っ子のジュークときたら、やはりサイズを5ナンバー枠に収めて欲しかった。もはや5ナンバーにこだわるのは古いのかもしれないけど、5ナンバーボディにできないこともないだろう。

さて、いずれにしろ、なによりアヴァンギャルドと表現するのが適しているのだろうか、あのデザインはすばらしい。レッドの内装も刺激的だ。

保守的な日本人にはこのクルマを理解するのは難しいかも知れないが、一昔と比べて今は特に若者は多様化しているので、けっこう受けるのではないだろうか。

広告を非表示にする