Jeff Beck 「Live at Ronnie Scott's」

Jeffatronnie

すごいすごい・・・・、何という贅沢さ、まさに奇跡のライブDVDだ。
このジェフ・ベック名義で初めての映像作品が出ると巷で騒然となり、私も即予約注文。待ちに待ったこのDVDがやっとアマゾンから届いた。
さっそく自宅のステレオで実際のクラブに負けないくらいの音量で鳴らした。全世界のロックギターファン待望のジェフ・ベック初ライブDVD。ロンドンの小さなジャズクラブで演奏された孤高のギターは予想以上の圧巻だった。今更ジェフの超絶ギターテクは言うまでもない。さすがにカメラワークもすばらしく、これほど彼のギターを堪能できるものは他にない。何より一番楽しめたのはリラックスした表情だ。現行のバンドに加入した女性ベーシストの存在が大きいのだろうか。どこにでもいそうな小娘なのだが、これがすごい。こんな若いギャルがジェフ・ベックのバンドで楽器を担当しているだけでも信じられないある種異様な光景なのだが、堂々としたベースっぷりにはびっくり。無邪気な笑顔でジェフとコンタクトをとり、ジェフも我々が初めて見るような無邪気な笑顔とはしゃぐ様。こちらも見ていて楽しくなる。
もうすっかり長い在籍となるキーボード、ジェイソン・リベロ、そしていかにもジェフが好みそうな手数の多いヴィニー・カリウタのドラムソロもすごい。
後半は女性ヴォーカリストとの共演、そして飛び入り参加したクラプトンとのリラックスした演奏も最高に楽しめた。
これほど楽しめるライブDVDはあまり知らない。新しくラックに加わった一生の宝物となった。やっぱり、ジェフ・ベックはすごい・・・。

広告を非表示にする