Jeff Beck ニューアルバム「Emotion & Commotion」

Jeffbeck

4月の来日公演には、久しぶりのニューアルバムという最高のお土産を持って来てくれる。ジェフ・ベックのニューアルバムが発表された(日本では来日公演記念のベスト企画盤も発売されるようだ)。

気になるメンバーはキュートな凄腕ベーシスト、タル・ウィルケンフェルド、ジェフ好みの叩きまくりドラマーはヴィニー・カリウタ、そしてキーボードはジェイソン・リベロと近年のベストメンツだ。内容など詳しくはHMVで見て欲しい→ http://www.hmv.co.jp/product/detail/3766910

印象的なのは白頭鷲がストラトキャスターを掴み現れるジャケットだ。とてもインパクトがある。何だかジェフの自信の表れなのだろうか。前々作の「You had it coming」は趣味のクルマいじりで汚れたジェフの手、前作の「Jeff」ではギターをかたどった矢、最近のジェフ・ベックのアルバムジャケットは個人的にどれもインパクトがあってけっこう好きだ。いずれもハードでデジタルなギターロックを奏でていたが、今度の「Emotion & Commotion」はどうやら今までとは違った新しいジェフの意欲作のようだ。とても楽しみだ。

進化が止まらない孤高のギタリストはまたしても新しい境地に入ったのか。発売日(予定)の3月24日と4月の来日公演が待ち遠しい。

広告を非表示にする