トルコのビール EFES

Efes_2

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、いきなりですが2010年最初のロックはT-REXでした。年越ししたパブでカウントダウン後に流れたT-REXのメドレー、「20th Century boy」、「Metal guru」~…さすがにパンチの効いた曲ばかり。リンゴが思わず”第2のビートルズだ!”と言っちゃっただけある。たまたま年末に久しぶりにT-REXのアルバムを引っ張り出して聴いたのが不思議な縁も感じ、今年はちょっとT-REXをもう少し掘り下げていこうかなと。

さて、お正月と言えば…、そう、お酒、酒ですね。

今年最初の酒ネタはちょっと珍しいトルコのビールから。ケバブ料理が大好きで、入ったトルコ料理店に見慣れないボトルが。「EFES」とある。最初は読めなかったが、トルコ人の店員さんが”エフェス”と言った。Darkの黒ビールもあったので、2つ注文した。

こちらのビール、トルコでは圧倒的なシェアのあるビールで、トルコのビールと言えばこの「EFES」となるくらいだそうだ。

そのお味の方は普通の方は苦みが少なくとてもすっきりしている。お昼からガンガン飲んでいけるようなビールだが、私には物足りない。女性にはお勧めできそうだ。意外なのは黒ビール。見た目はしっかりブラックなのだが、ギネスのスタウトのようなまったり感はなく、普通のピルスナータイプの味だ。黒っぽくないというか、普通のEFESにしっかりした苦みと切れ味がプラスされて、飲み応えがある。個人的にこちらのDARKの方が気に入った。とても飲みやすくて美味しい黒ビールだった。

トルコには詳しくないけれど、イスタンブルなどアジアとヨーロッパの中間に位置して、それぞれの文化が交わるとても魅力的な街で、歴史も見所もたくさんあるそうだ。そして、親日なのも有名で、日本人にはとても親切らしい。これでビールがうまければ、私にはますます魅力が増してくるというもんだ。

広告を非表示にする