クリーム:復活コンサートのDVD

Tws23c3g やっとクリームの復活コンサートをDVDで見た。今年5月ロンドンのロイヤルアルバートホールで行われたコンサート。僕も当初はマジでロンドンまで見に行くつもりで気合が入っていたけど、チケットが高騰して40万円までなってしまって断念した(^_^;)
こんな歴史的なコンサートはぜひ生で見たかったな。まぁ、とにかくDVDで堪能したわけだけど、なかなか良かったというのが正直な感想。もうメンバーの3人ともご老体だ。あの時代とは違うから、迫力とかそんなので比べられない。ただ、よく準備されていたというか、かなり今回の復活コンサートに練習を重ねたんだろうなと思わされる。演奏はばっちりだったと思う。40年前とは違って、今回はかなりクラプトンが気を使いバンドをリードしていた感じだ。ギターも切れまくっていた。当時の分厚いレスポールサウンドではないから、ちょっとギターの音色はギャップがあるけれど、ソロも弾きまくりだ。若いころのクラプトンが好きなら彼のソロコンサートを見るよりこちらを見たほうがやはり楽しめると思う。
ジャック・ブルースは見ていて痛々しい感じがした。やはりガンを患ったということもあり、見た目の衰えは激しく、ボーカルも苦しそうだけど、素直にがんばっている姿にちょっと感動した。
健在だったのはドラムのジンジャー・ベイカー。見た目的には極端に言うと髪が白くなった程度か。もともと若い頃からやせていてじじいみたいだったから(笑)、あまり変わらない。それに独特のドラミングも今も力強くクリームサウンドはやはりベイカーのドラムが肝だと40年近く経っても思わされる。
今度はNYマジソンスクエアガーデンで演るらしい。これもすごいお祭り騒ぎになるだろう。日本に来てくれたらいいなぁ、と思うけど、無理だろうな。
広告を非表示にする