読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

au SH006

Sh006

ヤフオクでシャープのauケイタイSH006をゲットした。2009年秋冬の最上位モデル。カシオのCA004からチェンジした。昔と違って、ICカードを差し替えるだけで簡単だ。機種変というより、”機種増設”といえる。頻繁にケータイを変えるので、周りからは”病気”だと言われてるが、世間はiPhoneだのエクスペリアだの、スマートフォンなどが流行っていて、いわゆる”ガラパゴスケータイ"で長く過ごすのはいかがなものかとちょっと焦っている。

auにエクスペリア的な物があればいいのだが、今回もとりあえず現状ガラパゴスケータイのハイエンド機種でしばらく遊ぶことにした。

発売当時は5万円くらいしたシャープのアクオスショット、SH006も今は製造終了で、在庫がネットショップやオークションでさばかれているようで、ロッククリア済みの新品を半額で手にすることができた。

防水ではない以外は、いわゆる”全部入り"で、特に1200万画素のCCDカメラ(個人的に200万画素あれば充分なので、1200万画素のカメラは私には全く意味がないが)とWiFiで通信できるのが目玉。

今回選んだブルーとブラックの機種は個人的に十数年ぶりの”有彩色”。ずっとブラックかシルバーのケイタイだったので。

ミラー処理された表面には大きなサブディスプレイ、きれいで深い色のブルーの裏面には大きな1200万画素CCDカメラ。前機種のエクリシムケータイことCA004同様、見た目はほとんどデジカメだ。

中身の方は、au凋落の一因とも言えるもっさりで悪名高きkcp+もずいぶんこなれてきたようで、動作はそこそこきびきびしている。CA004がかなり動作緩慢だったので、これだけでも機種変して良かった。前機種がサブディスプレイ無しで地味に不便していたが、今回のSH006には大きめで情報量が多い有機ELのサブディスプレイが付いていて満足。メインディスプレイも3.4インチとやたら大きく、さすがにシャープの液晶はきれいだ。

心配していた文字変換、お馬鹿で評判良くないケータイShoinだが、最新バージョンということもあり、それほど悪くない。ATOKと比べて遜色ないように思われる。ユーザー辞書も簡単に登録できて便利だった。

この機種の最大の売りであるWifi接続。自宅にも会社にもバッファロー無線LANルーターがあるので、AOSS接続ですごく簡単に設定してつながった。あっけないくらい。

ケータイはちょっとでもページを表示したり情報を得ようものなら容赦ないパケット代がかかってくる恐ろしい魔物のようで、全く油断できない。このwifiは料金面以上に精神衛生上すごく良いと思う。以前ウィルコムアドエス無線LANを利用していたが、あくまでパソコン用のサイトのみの表示に対応していなかっただけに、EZwebのサイトを利用し放題なのはうれしい。

あとは、ストラップ穴が今時少ないヒンジ部横にあったり、FMラジオがあったりと、個人的にポイントが高い。しかし、FMのアンテナがワンセグのアンテナと共用でないのは知らなかった。(以前使ったことのあるサンヨーのW33SAは共用だったので)。FMを聞くにはイヤホンをアンテナ代わりに使わなければいけないとのことなのだが、おまけにイヤホン端子が無く、外部接続端子(電源)を変換して使うタイプにいつの間にか変わっていたのも知らず…、何個か持っていた以前のケータイ用イヤホン変換端子が全てパーに。

機能が満載されて、さらに防水だったり、もはやイヤホン端子を単独で備える余地は無くなったのは理解できるが、またくだらない変換端子を買いに行かないといけないとは…。

広告を非表示にする