読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Canon EF50mm F1.8 STM EOS KISS X7

f:id:plastic-soul:20170125215843j:plain

”撒き餌レンズ”ことキャノンの単焦点レンズEF50mmF1.8STMを手に入れた。前モデルEF50mmF1.8Ⅱは実売価格¥9000程で、誰でも美しいボケを得られる高品質な撮影ができるとして”神レンズ”とも称されたコスパの高いレンズ。”撒き餌”とは安いのに素晴らしい写りで、誰もがパクパク食いついて、レンズ沼に陥れるというところから。2015年のモデルチェンジで価格が上がり、ネットで¥14000程になり、”神”とまでいかなくなったけど、それでもコスパは高い。

f:id:plastic-soul:20170125220323j:plain

愛器EOS KISS X7に装着。50mmはAPS-Cに換算すると80mm相当になり、なかなかの望遠になる。X7のようなAPS-Cには専用の薄型軽量パンケーキレンズEF-S24mmF2.8STMがあって、一般的にそちらの方が広角で撮影しやすい。迷ったけれど、自分の撮影スタイルは80mmの方が合っていると判断。何より、より明るいF1.8は魅力的だった。小さくて軽量なX7にこの軽量な単焦点レンズはよく似合っているな。

f:id:plastic-soul:20170125221051j:plain

元はX7のダブルズームキット(18-55mm、55-250mm)を購入。すぐに2つのキットレンズを下取りに出し、シグマの高倍率レンズ(18-300mm)にまとめる。そして50mm単焦点。見事な初心者の王道ぷりw レンズ沼は底なし。これからもズブズブと沈んでいく…でも幸か不幸かお金がないので、沈むことはない、たぶん…。

 

レンズの写りに関しては既にブログやサイトで語り尽くされているので、購入後ササッと撮った作例だけを載せておく。

f:id:plastic-soul:20170125221605j:plain

f:id:plastic-soul:20170125221641j:plain

f:id:plastic-soul:20170125221705j:plain

レンズが届いた日は大雪。仕事から帰って、夜の自宅の玄関周辺を何も考えずにサクッと撮影。この暗い状況でまさに明るい単焦点レンズの威力が出たかな。まずまずの写りかと。

広告を非表示にする