映画「MERU」メルー

f:id:plastic-soul:20170113153638j:plain

この手の映画はあまり見ないのだけど、これはガチで登頂しているとのことで、わざわざ大阪まで足を運んで見に行った(住んでいる田舎の滋賀県では上映していないので)。まったくクレイジーな世界だ。自分もアイゼン、ピッケルで厳冬期のアルプスに挑戦していて、それだけでも普通の人ならキチガイ沙汰だと思うが、そんな自分から見てもさらにとんでもない世界だ。

3人の有名な登山家が人類未踏の超難関ルートに挑む。映画としてはどうかと思うが、ドキュメンタリーと言ったほうが良いのかな。この手の映像を見ていると、被写体よりカメラマンがすごいと思ってしまうけど、今回はなんと被写体自らがカメラマン。自分たちでカメラを撮りながらクライミングに挑んでいるのでさらに驚き。ただでさえ荷物が大変な世界なのに。

f:id:plastic-soul:20170113154221j:plain

シャークスフィン。惚れ惚れする形だ。マッターホルンもそうだけど、誰も寄せ付けないオーラ出しまくり。実際この映画が撮られるまでそうだったし。

死が常に身近な世界。だからこそ生が強く輝く。登山家、クライマーは一度は見といて損はないだろうな。

広告を非表示にする