2016年のクルマ インプレッサ、ノート、イグニス

20160324194757

2016年のカーオブザイヤーはインプレッサだった。新開発の車台をこの新型インプレッサから採用して、これからのスバル車の基幹となるシャシーだけあり、かなり重要なモデル。これが駄目なら後のスバルもダメになる恐れもあり、命運を左右する。よって、かなり気合が入っているようで、実際この新型シャシーの出来が多くの評論家の受けを良くしているようだ。

でも、個人的に嫌いなデザインじゃないけど、客観的に見て新鮮味のないデザインだな。まぁ、スバルらしいといえばそうだけど。また相変わらずCVTの評判も芳しくない。元々歴代インプレッサもパワートレインがシャシーに負けているとか、よく言われてたけど、今回もそのようだ。かつてジャスティは市販車で初めてCVTを採用したのに、どうもスバルのミッションの評判は良くないな。思い切って多段ATを採用したらどうかなとも思う。
まぁ、スバルの良いところはしっかり年次改良で車を仕立てる真面目さ。このモデルもきっと2~3年後には見違えるほど熟成されて良くなっていると思うので、買い時はその頃かな。特に今回は基本のシャシーが素晴らしいとのことなので、楽しみだ。

16110201061200x90020161102104106618あのプリウス絶対王者トヨタの牙城を数十年ぶりに崩したのにはさすがに驚いた。それもマイナーチェンジ車で。個人的に楽しみにしていたレンジエクステンダーEV。日産はeパワーとかいう名前を喧伝しているけど(どうでもいい)。
ちょっと複雑な気分なのは個人的にデザインにがっかり。Vモーションとかいう大きなメッキ装飾のグリルがイマイチ。せっかく初代で安っぽかったノートが、2代目でティーダの役割も担うこともあり、上品でかっこいいデザインだったのが、ちょっと大味で下品になってしまった。
新しいEVはすごいけど、自分のような素人にはプリウスやアクアのようなハイブリッドの方がよほど複雑な制御をこなしたすごい技術だと思う。ノートのはむしろエンジンを発電のみにして、走るのはあくまでモーター。だからシステムとしてはすごくシンプルだと感じる。もちろん、実際はそう簡単ではないのだろうけど。それに発電のみなら、エンジンも660ccの軽用とか、2気筒のエンジンとかでも良いのでは?と思うけど、日産によると1200ccの3気筒エンジン以上必要だとのことで、これも興味深い。
注目の実燃費は雑誌のテストではアクアと同様かちょっと劣るらしい。ちょっと残念で意外だ。高速道路が苦手とのこと。まぁ、これもいずれ改良されるだろうし、このシステムは特にセレナとかNV200にこそ積んで欲しいな。いずれにしても今回の販売台数でノートがトップを獲った事実は日産は強力な武器を手に入れたこと。今まで日産が出す新しい技術は、いつも種を撒いても枯らしてしまうか、他社が実を持って行ってしまのが常だったから、今回はそうならないだろうな。

Ignis_160121_0021

個人的にカーオブザイヤーはこのスズキのイグニス。とにかくデザインのすばらしさにびっくりした。デザイナーは天才だろうかと思ったくらい。日本人なのだろうか。フロントのどっしりワイドで安定感のあるデザイン。ライト周りもたくましさと愛嬌さも同居して絶妙だ。変わってリアは対象的に狭く絞り込まれたなんとも不思議な感じだ。後ろから見たらまるで軽自動車のようで、室内がすごく狭そうに見えてしまうほど。昔の名車フロンテやマイティボーイを思い出した。このアンバランスさがきっと人によって好き嫌いがでるだろうけど、自分にはかなりはまった。そして最近のスズキの軽量化技術もすばらしい。一番軽いので800kg台。軽さは全てにおいて良いこと。
こういう車こそマニュアルミッションが無いことと、ちょっと走りがイマイチという評論家の声が多いのが気になるけど、とにかくデザインが良すぎて許せる範囲かな。まだまだ街中を走っているのを見る頻度は少ないけど、何度見てもはっとさせられる。

広告を非表示にする