ベンチャーズ 2011夏

Ventures2011

今年の夏もベンチャーズが日本にやって来てくれた。今年は震災、原発事故、猛暑の弱った日本に今年も来てくれたのはうれしい。こういう時だからこそ、音楽の力は大きいし、心強い。今週は私の住む滋賀県に来てくれた。木曜日に隣町の東近江市蒲生町でのコンサート。相変わらずこんな田舎の町までまわってくれるのは世界のミュージシャン、バンドで未だにベンチャーズだけ。これほど未だに永く日本隅々で愛され続けられている海外ロックバンドはベンチャーズだけだ。

残念ながら、今回チケットは取り損ねてしまった。オリジナルメンバーがドン・ウィルソンのみになってしまったとはいえ、相変わらずのベンチャーズの人気は不滅なのだ。ボブ・ボーグルが亡くなってしまって、ボブ・スポルディングが担って以来、まだ彼になってからのベンチャーズ公演を見ていないので、今回のチケットをとれなかったのはとても残念だ。メル・テイラーの息子、リオンもすっかり貫禄が出てきた。ジェリー・マギーのすばらしいギター職人ぶりは相変わらずだろう。そしてテケテケのドン・ウィルソンも元気そうでなにより。2008年にロックの殿堂入り、日本でも2010年の叙勲で旭日小綬章を授章。記録も記憶とも世界最高のインスツルメンタルバンドとなった。

永遠に愛される世界のベンチャーズ。来年こそ、久しぶりに彼らのエレキに心酔したいと今から楽しみだ。

広告を非表示にする