響12年 HIBIKI Aged 12 Years

Hibiki

先日行ったパブで見かけた響12年。あの独特な高級感ある形のボトルに見慣れない”HIBIKI”のローマ字が。新しい「響」が出たそうだ。

サントリーのブレンデットウイスキーの最高峰「響」。海外でも最高賞を獲ったこともある日本を代表するウイスキーだ。それに今回一番若い酒齢となる12年モノがリリースされた。

響の名を冠するだけあり、半端なモノは世に出せない。今回の12年もかなりブレンダー達の気の遠くなるような試行錯誤の末に生み出されたのだろう。

さっそく酒屋さんに買いに行き、飲んでみた。

従来からの17年モノとの比較になるが、最初に口に含んだとたんさすが響の重厚感が舌や喉にのしかかる。しかし、17年のような雑味がなく、あくまで柔らかくまろやか。明らかに飲みやすくなっている。これは単純に12年という酒齢の若さにくるものだろうか。17年には数多くの雑味という程良いトゲトゲしさが複雑に混在していてた。しかし、どれも突出したものでなく、すばらしいバランスで絶妙な雑味がウイスキーを構成していた。この12年にはそのような雑味が少なく、とてもまろやかだ。

これは人それぞれの好みによるから、けっして17年が良いわけではない。もちろん、17年モノは市販価格で¥8000くらい、今回の12年モノは¥5000くらいと安いが、安いからといっておいしくないことはない。あくまで人の好みだ。

私は個人的に17年の方が好きだが、12年の重厚感あるまろやかな味も響の名に恥じぬウイスキーだと思う。

ボトルもやはり17年モノのような漢字で「響」のラベルの方が好みだが、12年の方もしっかり響の高級感あるボトルだ。キャップも重量感あり響の彫りが施された立派なモノだ。

響はやはり私にとって特別だ。記念日や特別な日など年に数度だけしか飲まないようにしている。しばらくローマ字の12年「響」がラックの奥に鎮座することになる。

広告を非表示にする