クルマ・バイク

可変圧縮エンジンと加圧自己着火ガソリンエンジン

デトロイトモーターショウで日産の可変圧縮エンジン搭載と噂される車両が公開された。大型の高級SUVだ。技術の日産は健在か。実現に歳月を費やした画期的な技術のエンジンは市販されても小型車などの普及車には搭載されることは考えにくいけど、早くその実力…

2016年のクルマ インプレッサ、ノート、イグニス

2016年のカーオブザイヤーはインプレッサだった。新開発の車台をこの新型インプレッサから採用して、これからのスバル車の基幹となるシャシーだけあり、かなり重要なモデル。これが駄目なら後のスバルもダメになる恐れもあり、命運を左右する。よって、かな…

ボンゴがマイナーチェンジ ディーゼルエンジン絶滅

長らく日本の小型商用バンを努めるマツダのボンゴが一部改良された。1.8ガソリンエンジンがJC08モード対応の新型となり、内装はセンターコンソールボックスが新設された。マツダのボンゴは今や登場からかなりの年月が経つ最古参の小型バンであるが、まだまだ…

NV200バネット 納車

ちょうど1ヶ月前に注文していた日産NV200バネットが本日納車となった。 E24型キャラバンに代わる新しい相棒。小さくなったが、初期設計から30年近く昔のキャラバンから劇的に最新となった車はやはり新鮮だ。残念ながらディーゼルエンジンとはしばらくおさら…

ルノー カングー BeBop

今、街中で出会えば癒される、もしくは大げさに言えばハッピーになれる車はこのルノーカングーではないだろうか。 この車に乗っている人はとてもセンスが良くて心が豊かなのだと思わされる。 とてもポップでかわいくて使える車。フランスのフルゴネットと呼…

内燃機関のブラッシュアップ

新型マーチが発売された。マスコミはタイ製がどうのこうと話題になっているが、私はそんなことは全く問題無いと思う。それより心配なのはデザインだ。数を売るのが一番大切なコンパクト世界戦略車は何より普遍的なデザインが肝。しかし、個人的に新しい4代目…

日産NV200バネット 注文

ここのブログでも何度か話題に取り上げた日産の新しい小型バン、NV200バネット。2009年の私にとって一番注目で魅力的な新型車だったNV200だが、本日新車を契約した。私には珍しい新車。仕事場にある他のクルマをよくよく調べると今月7月から13年目になること…

ジュークにMTを

今年の日産の新車リリースラッシュを華々しく飾る今回のジューク。めちゃくちゃかっこいいと思う。ツインインジェクションという最新技術を追加されたHR15DEエンジン。こちらもジャトコとの共同開発された最新の副変速機付きCVT。同じエンジンとCVT、そして…

インプレッサ試乗

妹のR1が車検で、代車で最新のインプレッサがやってきた。昨年我が家のティーダを買う時に候補の筆頭であったインプレッサ。結局、インプレッサはFFの5MTがエコカー減税対象外であったこと、3ナンバー車で重かったことなどのマイナスが響き、ティーダと相成…

ファンベルト、ミッションオイル交換 E24 日産キャラバン GL-L QD32

先日オルタネーターを自分で仕入れ、交換したが、その際にファンベルトのぶれが気になっていたので、古くて劣化していることもあり、ディーラーに持ち込んで交換してもらった。ついでに、ミッションの入りが悪かったので(2速とバックに入れる時のひっかかり…

オルタネーター交換 E24 日産キャラバン GL-L QD32

愛車の平成9年式、E24型日産キャラバン号GL-Lも走行距離15万km台になった。10万kmの慣らし運転が終わり、今一番エンジン的にはおいしい走りの時期の最中なのだが、当面の20万kmに向け15万kmという走行距離はちょっとした目安、区切りとなる。E24型キャラバン…

新しいマイクラ 日産マーチ

ジュネーブショーで新しい日産マイクラ(日本名マーチ)が発表された。今回で4代目となる。マーチは昔からある感があるが、まだ4代目なのが逆にすごい。マーチはモデルサイクルが長い。1モデル10年くらい生かすが、これはよほどデザインがしっかりしていて、…

CR-Z かっこいい…

ホンダから新型ハイブリッドスポーツCR-Zがリリースされた。とてもかっこいい。昔いつか未来のスポーツカーはこうなるだろう…と思い描いたクルマのようだ。斬新さにあふれている。これがハイブリッドでなくても、デザインだけでも充分イカしていると思う。 …

NV200バネットについて

昨年2009年の新車リリースで個人的に一番の注目は日産のビジネスバン、NV200こと新型バネットだった。小さい頃に親父がバネットに乗っていたし、私が免許を取ってからも我が家にはバネットがあり、それはワゴンだが私が免許取り立ての時運転したことがあった…

ドライブレコーダー DR-964RV

愛車キャラバン号のドライブレコーダーを買い換えることにした。ここのブログにも書いたが、最初に購入した常時録画式ドライブレコーダー「あんしんmini」はよくできたドラレコだったが、多方面で地デジの受信が落ちて映らなくなるなど、本体から発生するノ…

「スバル・サンバー」 スバル怒濤の1週間

今週はスバルのモデルチェンジや特別仕様車が毎日のようにリリースされて驚いた。エクシーガ、インプレッサ、フォレスター、サンバー。相変わらずの4ATのインプレッサやフォレスターは話にならないので、パスするとして、特筆すべきはエクシーガとサンバー(…

日産ティーダ 納車後1ヶ月レポ

ティーダが納車されて1ヶ月が経った。走行距離は約1200km。後席の広さ、シートの大きさと心地よさ、CVTのスムーズさ、エンジンの力強さ、内装の質感の高さ、静粛性…1500ccながら一クラス上の上質感は評判通りで、総じて満足している。今では貴重な5ナンバー…

サンヨー ゴリラ NV-SB540DT

新車ティーダに取り付けたポータブルナビ「ゴリラ」。業界最大の8GBの情報量とサクサク動くおなじみのゴリラエンジンで充分快適なナビとして使える。高速道路を含めて、ある程度ナビを使ってみて、レビューを綴ってみる。私はそもそもノートパソコンが10万円…

ドライブレコーダー ドラカメ DRY-R3

嫁さんの乗る新車ティーダにもドライブレコーダーを取り付けた。ドライブレコーダーはこれで3台目だ。自身のキャラバンには既にドライブレコーダーは完備している。ティーダに取り付けたのはユピテルのドライブレコーダー「ドラカメ DRY-R3」という機種。ネ…

日産ティーダ ヘッドライトバルブ交換 フィリップス「ホワイトビジョン クロムホワイト」

納車当日にヘッドライトのハロゲンバルブを交換した。購入時にはHIDことキセノンライトにオプション装着を考えたが、6万円はまだ高く(3万円くらいが妥当だと私は考えている)、通常のハロゲンバルブでいくことにした。市販のホワイト光のバルブにするのだが…

日産ティーダ ダークブルー ガラスコーティング ウィルソン「グラスガード」

納車から1週間が経った。初めての燃費計測は満タン方で15.8kmだった。新しいクルマで、この時期でエアコンをつけっぱなしなど、悪い条件下では上々の結果だ。いずれ、リッター20kmを超えることは可能だろう。クルマには当たりはずれがあるが、とりあえずカタ…

日産ティーダ インテリアについて

日産のCMではないが、ティーダが世界で一番売れた日産車であるのは、そのモダンで高級感あるエクステリア、インテリアの評価が高いからだ。確かにその通りで、外観は人それぞれの好みがあるので、ここでは取り上げないが、少なくともフランス車ルノーを彷彿…

日産ティーダ 走りについて

納車されてから1週間ほど経ち、街中から高速まで、一応走ってみたので、インプレッションを綴ってみる。もちろん、登場から5年が経つモデル末期であるため、プロやユーザーなどあらゆる場所でティーダの走りについては語られているが、あくまで平成21年式後…

日産ティーダ 納車 ダークブルー

今日は注文していた新車ティーダの納車日だった。今回のティーダ購入検討で一番悩んだのがボディカラーだった。そして選んだのが5月に出たばかりの新色ダークブルー。濃紺のダークブルーは期待していたとおり渋く落ち着きのあるカラーで気に入った。濃色車な…

ゴリラを飼いました SANYO NV-SB540DT

注文した新車ティーダの納車はまだまだ先だが、早くもそのクルマ用のナビを買ってしまった。ディーラー純正ナビは20~30万円もするので、そんなぼったくりにはバカバカしくて付き合ってられない。市販なら半額以下で同じ性能のナビが手に入るのに。 買ったの…

日産ティーダ購入 ダークブルー

今日、近くの日産ディーラーにてティーダを注文してきた。1500ccでCVTの「15M」という中間グレードだ。売れているティーダのほとんどがこの15Mという主力グレード。個人的に1800ccの6速ミッション仕様18Gというグレードの方がマニュアル乗りの私には魅力的だ…

スバル アウトバックのCM ジミヘン「Crosstown Traffic」

夜の都市に妖艶な女性をはべらして走るワインレッドのアウトバック。新型レガシィ・アウトバックのCMだ。最初、ホンダのCMかと思った。たとえばオデッセイの新しいCMなどに似合いそうだ。特に商売下手なスバル。CMもイマイチなのだが、今回のCMは少なくとも…

新型レガシィのCMにロバート・デ・ニーロ

新型レガシィのCMが始まった。今日初めて見たのだが、5代目レガシィは超大御所ロバート・デ・ニーロだった。まだ目元だけしか映っていなかったが、これから徐々に披露されていくのだろう。目元だけしか映っていないのに、すぐにデ・ニーロと分かるのはさす…

マツダ デミオ試乗

今回の山口県温泉巡りの旅は広島市からマツダレンタカーを利用した。初めて乗るデミオ。このブログで何度も取り上げているお気に入りのクルマだ。グリーン税制、今度の補助金を見越して新車購入を検討している中、このデミオは筆頭となっている。何度も言う…

新車選び マツダ・ランティス

タイトルが新車選びなのに、絶版車マツダ・ランティスなのはおかしいのだか、その説明は後にして、今新車購入を検討している。嫁の車がもう古く走行距離も多くなってきた。さらにちょうど運良くグリーン税制による減税額の拡大と、13年以上経った古い車から…