2017 第40回鈴鹿8耐 伊藤真一

20数年ぶりに8耐へ。復活した伊藤真一の応援。50歳でこのライディングはすごい。順位は残念だったが、勇気をもらった。 (Canon EOS Kiss X7 / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM)

ZTE BLADE V8 レビュー

スマホをZTEのBlade V8へ機種変更。というのも、2ヶ月前に購入したばかりのモトローラmoto G5plusを落としてディスプレイを割ってしまった。使い続けようとするも割れたガラスの破片が指に刺さって、使用し続けるのは不可能と判断。買い替えはいろいろ考えた…

世界を変えたレコード展

ロンドン、ダートフォート駅。キースがマディ・ウォーターズとチャック・ベリーのレコードを抱えたミックと出会う。そこから始まった現存する世界最強のロックバンド、ローリング・ストーンズ。後にレコードはCDとなり、そして今はデータとしてipodやスマホに…

コンラッド大阪

今年35年ぶりに続編が公開される映画ブレードランナーの世界感。タイレル社に乗り込む心境だ。 入ってまず出迎えてくれるのがこの巨大できらびやかなシャンデリア。これを撃ち落として敵をやっつけるパターンが頭のなかで浮かぶw やたら広いエレベーター。…

ほたる

自宅近くのスポットへ。慣れない撮影で、四苦八苦しながら明るさやフォーカスが決まってきた頃に乱舞のピークが過ぎてるという…orz それでもなかなか多く舞っていて美しかった。 (Canon EOS Kiss X7 / EF-50mm F1.8)

彦根 ブルーインパルス(予行演習)

自分が主催する彦根フォトロゲイニングの最中、それに華を添えてくれるかのように上空をブルーインパルスが飛んでくれた。翌日の彦根城築城410年祭の展示飛行に先駆け、前日の土曜日に1時過ぎから20分ほど試験飛行したのだが、お天気も良く大変素晴らしかっ…

TOGA天空トレイルラン

富山県南砺市の利賀村で第4回目となるTOGA天空トレイルラン(ミドル30kmの部)へ参加。快晴で30℃近くになる暑さの中、所々雪渓が残る北陸最奥部の山々を走ってきた。ロードや林道が多いコースだけど、地元のおじいちゃん、おばあちゃんの声援が暖かく、雪深…

ゴッドファーザー 面々の今

ローリング・ストーンズ紙によると、映画ゴッドファーザーの役者たちがトライベッカのフィルム・フェスティバルで一同に会した。誰もがギラギラした演技で、緊張感ある映画はその長尺ぶりを感じさせないくらいの名作だったが、アル・パチーノはなんだか汚い…

水芭蕉 乗鞍高原

乗鞍高原の水芭蕉群生地へ。去年も同じ時期に見に行ったが、今年は雪が多かったので、去年より開花は遅く、少なめ。乗鞍岳の清らかな雪解け水に育まれた神々しい水芭蕉は、何度見ても心洗われるようだ。 (Canon EOS Kiss X7 / EF-50mm F1.8、SIGMA 18-300mm…

夜桜 彦根城

(Canon EOS Kiss X7 / EF-50mm F1.8、SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM)

昔の彼女に再会… ボストンクラブ 豊醇原酒

立ち寄った酒屋に、終売となっていたボストンクラブの豊醇原酒が一つ置いてあったので、買って久しぶりに飲んだ。以前、サントリーの北杜50.5を普段の部屋飲みにしていたのが、終売となって、こちらキリンのボストンクラブに鞍替えしてしばらく愛飲していた…

『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』50周年記念エディション

The Beatles – Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band – Anniversary Edition Trailer ビートルズの中期の実験的アルバムで、最高傑作とも称される歴史的大名盤がまさかの50周年記念エディションとしてリリースされる。かなりビッグなニュース。今回のポー…

福寿草 松本市四賀赤怒田地区

花言葉は永久の幸福、思い出、幸福を招く、祝福。こんなに群生している場所があるとは知らなかった。一見すると黄色い蒲公英の絨毯のようだが、これが全部福寿草とは。驚き興奮しながらシャッターを切る。信州の里山はさすがにすごい。 しかし毒草だそうだ。…

Led Zeppelin 最新リマスター盤

今となっては最新でもなんでもないが、商売上手なペイジ先生の誘惑について行けるほどの予算が無く、レンタルで後追い。結論から言うと、現在の自分のしょぼいオーディオ環境では新しいリマスター盤を堪能できるほどの進化は確認できず。 MotherShipのベスト…

HEAT 20周年記念版

なぜか以前リリースされたブルーレイが転売屋で¥25000ほどになっていた。意味不明。世紀の名盤というほどではないと思うのだが、とにかく新しくリリースされて手に入れた。大好きな映画であるのは間違いない。ロバート・デ・ニーロとアル・パチーノの二人の…

荒島岳 残雪期

3月上旬、残雪期の荒島岳(1523m)へ。越前の名峰、大野富士は百名山の中ではマイナーなお山だけど、冬山になると一気にメジャーになる。 残雪期なのでエビの尻尾はごくわずか。雪が多い年はこの山頂標が全て埋まるほど。 頂上はまさに白山の大展望台。白山…

ジャック・ダニエル No.27 ゴールド

一目惚れして奮発した金ピカのジャック・ダニエル。化粧箱も豪華だ。眺めてうっとり、飲んでうっとり。 (Canon EOS Kiss X7 / EF-50mm F1.8)

湯畑のライトアップ

2ヶ月ぶりに草津温泉に行ってきた。毎年必ず1度はここに足を運ぶことに決めている。年に2度や3度の時も。やはり天下の名湯。歴史ある温泉地だけど、ここは常に進化しているので飽きがこない。今回はライトアップが素晴らしかった。 (Canon EOS Kiss X7 / EF…

松本城

国宝松本城。松本には頻繁に行くので、このお城を撮る機会が多い。いくつかピックアップしてみた。平城だし国宝五天守の中では一番親しみやすいお城だと思う。 冬の凛とした松本城とお堀に映る北アルプス。 夜明け。美ヶ原から日が登り始める。 夕暮れ。北ア…

錆びれた機関車

滋賀県、名神高速道路多賀サービスエリアと交わる国道307号線沿いに佇む錆びついた機関車。いつもこの道を通るたびに、横目でその寂しげな存在が気になる。 (Canon EOS Kiss X7 / EF-50mm F1.8)

ふれアイスin諏訪 アイスキャンドル2017

上諏訪駅を中心に、2月4日諏訪湖周辺の市町村で開催されたアイスキャンドルフェスティバル。画像は茅野駅で開かれたアイスキャンドルや駅のイルミネーション。 茅野駅のイルミネーション 上諏訪湖畔の常設イルミネーション 上諏訪から見た諏訪湖に映る下諏訪…

厳冬期八ヶ岳 蓼科山

2月4日は年に数度あるかないかの快晴に恵まれ、蓼科山(2531m)へ。紺碧の空、純白の雪。コントラストが素晴らしく、アルプスのパノラマが絶景だった。 振り返ると中央アルプス 八ヶ岳をバックにエビの尻尾 頂上の蓼科神社へ向かう登山者 頂上から見た御嶽山…

多賀大社 記録的大雪の後で

彦根や多賀は記録的な積雪。1週間経ってやっと道の雪が無くなったばかり。 EF-50mm F1.8STM /Canon EOS Kiss X7

冬の伊吹山と東海道新幹線

先日の大雪で彦根は記録的積雪だったが、米原やさらに北の長浜は雪は少ない。もう少し雪があればよかったんだが…。 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM/Canon EOS Kiss X7

Canon EF50mm F1.8 STM EOS KISS X7

”撒き餌レンズ”ことキャノンの単焦点レンズEF50mmF1.8STMを手に入れた。前モデルEF50mmF1.8Ⅱは実売価格¥9000程で、誰でも美しいボケを得られる高品質な撮影ができるとして”神レンズ”とも称されたコスパの高いレンズ。”撒き餌”とは安いのに素晴らしい写りで…

雪の近江鉄道

大寒波で鈴鹿の雪山登山へ行くつもりが、積もり過ぎて危険なため、近江鉄道で1日乗り放題切符を購入して、のんびり電車の旅(日野駅→彦根駅) スタートは築100年以上と歴史のあるレトロな駅舎、日野駅。最近映画のロケとかで使われているそうだ。 彦根に工場…

映画「MERU」メルー

この手の映画はあまり見ないのだけど、これはガチで登頂しているとのことで、わざわざ大阪まで足を運んで見に行った(住んでいる田舎の滋賀県では上映していないので)。まったくクレイジーな世界だ。自分もアイゼン、ピッケルで厳冬期のアルプスに挑戦して…

可変圧縮エンジンと加圧自己着火ガソリンエンジン

デトロイトモーターショウで日産の可変圧縮エンジン搭載と噂される車両が公開された。大型の高級SUVだ。技術の日産は健在か。実現に歳月を費やした画期的な技術のエンジンは市販されても小型車などの普及車には搭載されることは考えにくいけど、早くその実力…

2017年のロック

年末、ポールの来日公演が発表された。今のところ4月に東京公演だけだが、大阪公演も調整がつき次第発表されるだろう。同じ頃にサンタナもやってくる。まもなくジェフ・ベックのコンサートも。今年も大御所たちが元気で何より。 昨年はデヴィット・ボウイ、…

2016年のクルマ インプレッサ、ノート、イグニス

2016年のカーオブザイヤーはインプレッサだった。新開発の車台をこの新型インプレッサから採用して、これからのスバル車の基幹となるシャシーだけあり、かなり重要なモデル。これが駄目なら後のスバルもダメになる恐れもあり、命運を左右する。よって、かな…